これから購入を考えておられる方におすすめの物をご紹介するページです。初心者の方は迷うことも多いでしょう。またオンラインゲームなど、趣味用としての購入のおすすめポイントは?世の中にはいろいろな商品がありますが結局どれがいいのでしょうか?いくつかのポイントを押さえながら見ていきましょう。 初心者の選択目安と、おすすめポイントをまとめました。初心者の方だけでなく、買い替えや趣味のゲーム用などを検討の方にもおすすめのページです。


 デル ストアフロント特集

  目的ごとにおおまかに分けてみました
  各項目をクリックして進んで下さい
  (右のメニューからもご覧いただけます)

 オンラインショッピングの流れとは?

 おおまかな目的の方
  低価格・激安パソコン
  (低価格・激安PCについてまとめました)
  初めてパソコンを購入される方
  (勉強しながら使いたい 初心者におすすめ)
  今のパソコンから買い替えたい
  (お使いのものが古い、または調子が悪い)

 ある程度やりたいことが決まっている方
  主にインターネット用として購入したい
  プリンターで印刷したい
  趣味でゲームなど(オンライン含む)
  CG(コンピュータグラフィック)をやりたい



当サイトパソコン人気会社ランキング

富士通
デル株式会社
マウスコンピューター
パソコン工房
ツクモ/eMachines
日本hpのオンラインストア「hp directplus」
NEC Direct
ソニースタイル
東芝ダイレクトPC by Shop1048(Toshiba)
Lenovo/ThinkPad
パナソニック
Two Top

CPU

CPU(Central Processing Unit)
パソコンの処理能力に関わる頭脳となるもの。

作っている会社
・インテル(Intel)
・AMD(Advanced Micro Devices)

 CPUのスピード競争をしている2社。シェアは圧倒的にインテル。
 次に、各会社のCPUについて簡単に説明します。

インテル社製

「Pentium 4」  インテル社が今まで開発してきたCPU。発熱や消費電力の問題で、今現在発売されている
            以上のスピードのものは 開発されなくなった。現在のPentium 4の一番早いCPUは
            3.80GHz(ギガヘルツ)


「Pentium M」  ノートパソコン用に、発熱や消費電力の問題を解決するために新たに設計されたもの。

「Pentium D」  2個のCPUコアを1個にした(デュアルコア化)もの。
            (Pentium 4の技術が流用されている。)

「Intel Core 2 Duo」  Pentium Mの後継CPU。発熱や消費電力を抑え、しかもデュアルコア化して
                 ある。デスクトップ用Intel Core 2 Duo、ノート用Intel Core 2 Duoがある。
                 デュアルコア化のため、いままでのCPUとは単純比較できない。Core 2 Duo
                 シリーズは、同じヘルツ数を持つPentium 4シリーズのほぼ40%の性能アップが
                 あるという。
         

「Intel Core 2 Extreme」  高性能パソコン、ワークステーション向けのCPU。


「Xeonシリーズ」  主にサーバーやワークステーション向けとして使われるCPU。
「デュアルコア インテル Xeon」
「クアッドコア インテル Xeon」 (クアッドコアとはCPUコアが4つあるということ)

「Celeron D」  低価格向けのパソコン用に開発されたCPU。
「Celeron M」  ノートパソコン用のCeleron。


AMD社製

「Athlon 64 X2」  デュアルコア化してあるAMD社製のCPU。発熱や消費電力を抑え、高性能といった
              点も、Intel Core 2 Duoの対抗商品の立場。

「Athlon 64」  Athlon 64 X2のシングルコアのもの。

「Sempron」  低価格向けのパソコン用に開発されたCPU。


このサイトはリンクフリーです。
Copyright© パソコン初心者の購入&おすすめポイント All Rights Reserved. Top
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。